FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

東洋のセルフコントール 1


西洋流のセルフコントロール法は ストレスに満ちた現代社会の合間に
さまざまなリラックス法をうまく取り入れることである。

たとえばバーデン・バーデン(西ドイツにある世界一の健康センター)は
温泉・森林浴・スポーツ施設などを統合している。
ここで強調されることは「リラックス=健康」といった
単純明快な原則であり、それはそれなりに効果をあげていると思う。

しかし、緊張とリラックスをくり返すだけではなく
ストレス多き日常態のなかにあって
つねにストレスをやわらかに受け止められるような
セルフコントロール法を身につけることの方が重要なのでは…

これは武道で言うところの「動にして静 静にして動」の呼吸である!
つまり、外界からの刺激や情報だけにふりまわされず
自分の内界からの声(自己観察・感情・身体的欲求など)に
耳を傾けられる「心の余裕」をもてるように
セルフコントロール;自己を整えることではないだろうか(^_-)☆

剣聖 柳生石舟斎師は言われた
   
   心が何かにとらわれれば
   剣は出ない
   見るともなく全体を見る
   それが見るということ
   この満天から見れば
   何もかもすべて同じ
   剣に一心になればなるほど
   錯覚していくもの
   ただ一人で生きているのではない

驚くべきことではあるが、ヨガや座禅にはこの工夫がなされている。
たとえば、座禅の状態は単なるリラックスではなく
緊張とリラックスの能率的な統合(静中の動)が保たれており
ヨガの体操ではダイナミックな動きを通して
瞑想(動中の静)に入るように工夫されているv(^-^)v

このような状態は
「必要な反応はたえず適切におこなわれながらのリラックス状態」
「賦活を失わない弛緩」などと表現される。

スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ