FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

伝統的な「こだわり」


ボルドーのワインは渋味のもととなるタンニンが強く、その渋味を寝かせるうちに、えもいわれぬ“まろみ”となり、極上ものは15年を越してから飲まれるようにつくられている。

なんせ、ボルドーの極上酒を早いうちに飲んでしまうのは、「文化的犯罪だ!」と言われるくらいだから…(爆

甘い口当たりのいいワインが好みなら、ブルゴーニュである。新鮮な果実味とやさわやかな酸味が持ち味で、4~5年で飲み頃となるのが普通である。

ボルドー地方のぶどう園は日本のそれとは全く異なっている。ぶどうの巨木が天井のように枝を張り巡らした光景はここにはない。

剪定はシャトーの当主みずからが行い、冬のうちに主枝と副枝の二本に刈り込んで、春から初夏にかけて余分なわき枝と葉を切りとり、房の数も制限してしまう。

フランスではAOC法(原産地呼称統制ワイン)がある。
一定の地域でそれぞれの要求する諸条件(使用するぶどうの種類、醸造の方法、最大生産量等)を守ったものだけに、その産地名を名乗ることを認める法律である。

だから、ボルドーの一流といわれるシャトーでは、一本の木からせいぜい半瓶くらいしかワインはつくれないのだ。
一流のシャトーの当主たちはこう言う…
「絶対に譲れない一線だ、質を落とすくらいならワインつくりをやめる」…と。

私は彼らのこの徹底したポリシーが大好きである。
“こだわり”は時として人を苦しめ、精神的疾患の原因にもなるが、方向性さえ定まれば、素晴らしい文化を生み出す原動力となるのである。

あるシャトーの当主の一言に…
「何があってもワインつくりに手を抜いてはならない、そうすれば神が助けてくださる」
私は彼の言葉の中に「いまここで」「あるがままに」の真髄を見た気がした。




スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ