FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

慈母のまなざし


オーストリアのビクトール・フランクル博士は、第二次世界大戦中、アウシュビッツに収容され
ご両親・妻子をそこでナチスに殺された。

ご自身はなんとか死をまぬがれ、極限状況の中にもかかわらず「人間とは何か、人間のよさとは何か…」を考え続け
連合軍に助け出された後、アウシュビッツでの体験をもとに「夜と霧」を出版された。

また、博士はロゴセラピー(実存分析)を創案された大変著名な方でもある。

その後、幸運にも再婚されて、ウィーン大学の近くのアパートメントに奥様と静かに暮らしておられる。
博士はロゴセラピーの話になると、目を輝かせ口角泡を飛ばし夢中で話す。
そんな博士を奥様は尊敬のまなざしで見ておられる。

しかし、そうでないときは夫婦というより、博士はまるで奥様の子供のようである。
あたかも何かに熱中しているわが子を見守る、奥様のやさしいまなざしがいつもそこにある。
そういえば、わが師、池見先生の奥様も同じようなまなざしをしておられた。

師が敬愛した河野進牧師の詩集「母」の一節より…
子供のために一生苦労した母親が最後にはっきりと言ったそうだ
「私が生んだんですからあたりまえですよ!」

時代とともに母親のライフスタイルも変化してくる。それはそれでいっこうにかまわない。
ただ、「母なるもの」それさえ失わなければ・・・

昨今は育児放棄、虐待・・・(泣)
私の母は何のとりえもなかったかもしれないが、慈母ではあったかな(笑)
感謝!感謝!!感謝 m(_ _)m
スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ