FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

東洋のセルフコントロール 2

最近の研究で東洋の行法(座禅、ヨガ、武道など)には、西洋式のリラックス法や自立訓練法などより、もっと強力に脳内各部の力関係の再調整を促す効果のあることがわかってきている。

たとえば座禅では・・・
調身(身をととのえる)、調息(呼吸をととのえる)、調心(心をととのえる)といわれるように、単にリラックスや自己暗示よりも、もっと積極的に身体に働きかけることによって心身をととのえる。

ヨガや武道の場合は ダイナミックな身体の動き、交互に行われる筋肉の緊張と弛緩の繰り返し、そして、呼吸法 そして瞑想(黙想)などによって心身をととのえる。

神秘としか言いようもない古人の工夫がここにある!

白隠禅師も「動中の工夫は静中の工夫に百千億倍まさる」といっておられるように、日常態の“動”の中にあって セルフコントロールをしようとする場合、やはりヨガや武道などのような『動中の静』の工夫の方が実用的なのである。

筋肉を伸ばし 姿勢や呼吸をととのえ、絶叫させるなど身体へのダイナミックな働きかけによって、幼児期より心の奥底に秘められていた感情の解放をはかる。重度の情緒障害の患者を治療するローウェン博士の「生体エネルギー療法」にも東洋の行法が含まれている。

まだ少ないが エアロビやジャズダンスなどに、ドイツ式自律訓練法を組み合わせた試みが行われている。また、すでにプロスポーツの世界では、選手に故池見先生の考案された自己調整法などが用いられており、今や「イメトレ」などと、選手が気軽に口にするようになってきている。

一般に西洋のスポーツには、身体を道具のように酷使する傾向があるが、東洋の体術には、身体をととのえ 心をととのえるといった心身一如の考え(心と身体を同価値とする考え)があるようだ。

スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ