FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

敬愛するアーティスト~ジャズ編


まずは御嶽山で亡くなられた方々のご冥福を祈りますm(_ _)m




“ジョン・コルトレーン”
彼にはじめて会ったのは高校生の時であったろうか ?
深夜放送のラジオから流れてきた、あの説得力ある彼のサックスの響き…
1発で魅了されてしまった

コルトレーン

その後も交友関係が広がるなか、「コルトレーン信者」に出会っていった。
当時はジャズ喫茶が多くあり、時間をみつけては入りびたりだったなぁ
また、自分が幼稚園のころよりピアノをやっていた関係で、ジャズピアノにはまる…
ははは…懐かしいや(笑)

“帝王マイルス”のもとで急成長し、自身のスタイルを持った彼は
1956年にマイルスから一時離脱し、1957年に“セロニアス・モンク”のコンボに
短期間参加したあと、ふたたびマイルスのグループに戻っている。

彼はモード(旋法)という音の配列による新しいアドリブの手法に取り組んでいた
マイルスの影響を受けながら、ビートを細かくした速いテンポの激しい
フレージングでエモーションを表現する手法を創造していく

当時、「音を敷きつめる」「シーツで覆うような感じ」などと言われ
“シーツ・オブ・サウンド”と形容された。

1960年にマイルスから完全に離脱し自分のグループを結成
ジャズ界に影響を及ぼす新たな活動に入る
ほとんど使われなくなっていたソプラノ・サックスに
文字どおり新生命を吹き込んだことも注目された。

やがて彼はインド音楽を研究し、神と宇宙を思考していく。
そして1964年には神への感謝と賛美を表現した4部からなる名作『至上の愛』を録音し
それから独自の“フリー・ジャズ”にのめりこんでいくが
1967年7月17日、肝炎のため40歳の若さでこの世を去り、本当に神様になってしまった



スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ