FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

荘子の教え


コンピューター至上主義の機械文明が高度に発達した現代社会では、人間が人間の身体がもつ精神性を無視して、他人を物のように扱い、利用できる道具とみなしたり、人間も含め、命あるものからその命を奪うことを、軽く考えたりする傾向が強まってきている。

荘子は2000年も前に、このような文明の落とし穴について…

「機械あれば機事あり。機心胸中に在すれば則ち、純白備わらず…」(荘子天地編より)~機械が作られると必ずたくらみ事がされ、たくらみ心が生ずると人間の純粋な心が失われる。

「民の利におけるや甚だ勤む。子にして父を殺すあり。(中略)千世の後は其れ必ず人と人とあいはむ者あるなり…」(荘子雑編より)~人民というものは、利益を第一の価値とみれば、親殺しでもなんでもやってしまうものだ。その害は千世の後にあらわれ、人間同士が殺し合う世の中になるだろう。

…と教えている。

人間の孤独感と人間同士のあつれきが強まるのは、われわれが他者から阻害されたり、物のように扱われたり、命の危険に遭わされたりする時である。

もしも、自己と他者が最初から孤立した存在であるならば、われわれは孤独を感じることはない。

しかし、われわれは根源的に他者と結ばれた存在であり、他者を介することによって、初めて自己として存在しはじめたのである。

だからこそ、自己を孤立した存在と意識すればするほど、ますます孤独を感じるのである。特に、自我の目覚めが深まる思春期は、なおさら深く孤独を感じる時期でもある。

われわれは血のかよった生き物である。

血圧の上昇、心拍数の増加、呼吸の促進、発汗、胃液や唾液の分泌減少などが現れたら、それが不安や怒りによる生理的な反応であることを知るのには、心臓や胃など個々の器官だけでなく、その人を知らねばならないのである。

つまりは、身体をネガティブなものとしてではなく、ポジティブなものとしてとらえ、人間としての現実を、心身一如の営みをする生き物として理解しなければならないのだ。




スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ