FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

おもしろい広告


アメリカではタバコの広告には必ず Surgeon General’s Warning 「(公衆衛生局)医務長官の警告」としてタバコの害を警告することが義務づけられている。

例をあげると…

◆Cigarette smoke contains carbon monoxide.
(タバコの煙は一酸化炭素をふくんでいます)

◆Quitting smoking now greatly reduces serious risks to your health.
(今タバコをやめるとあなたの健康に対する重大な危険が大幅に減ります)

◆Smoking causes lung cancer,heart disease,mphysema,and may complicate pregnancy.
(喫煙は肺癌、心臓病、気腫の原因になり、妊娠を重くします)

◆Smoking by pregnant women may result in fetal injury,premature birth,and low birth weight.
(妊婦の喫煙は胎児の障害、早産、未熟児出産を招きます)・・・

「タバコを今やめると健康にいいですよ」と書いてあるタバコの広告なんて、考えてみると変ですよネ(笑)
ちなみに、私は20代の頃に5年ほど吸っていましたが、ぜんそくっぽくなり、れ以降はやめました(^ε^)♪



スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ