FC2ブログ

開業カウンセラーの日常

見果てぬ夢


『セルバンテス』をご存知の方は ?
「ドン・キホーテ(ラ・マンチャの男)」の作者といえばわかるだろうか ?

ミゲール・デ・セルバンテス・サベードラ(1574~1616)は58歳にして、はじめて「ドン・キホーテ」で脚光を浴びた。

彼は50歳を過ぎて自分の人生をふりかえったとき、理想と現実の衝突にもてあそばれるドン・キホーテの姿の中に、過去の自分を見たにちがいない。

だが、彼は自分の運命をヒステリックにわめきちらすのではなく、おだやかな微笑をうかべて、ドン・キホーテを限りなくいとおしんでいるのだ。

人生に対して暗い否定的な態度ではなく、明るい肯定的態度をとり続けるのである。
「ドン・キホーテ(ラ・マンチャの男)」が、400年後の今日の読者を感動させる秘密の一つは、このあたりにあるのかもしれない。

日本では東宝主催で松本幸四郎氏のミュージカル「ラ・マンチャの男」が、昭和44年から上演され続けている超・ロングランぶりをみてもわかるだろう。

そのミュージカルの騎士遍歴の唄より…


見果てぬ夢

不可能を夢み
無敵の敵に挑む
堪えがたい哀しみに堪え
勇者でも行かぬ地へ向かう

正せぬ誤りを正し
遠くより清きを愛し
疲れきった腕で
とどかぬ星をつかむ

これがわが旅 わが宿命

星に向かって行こう
叶わぬ夢でも
いかに遠くても
正義のために闘う
問いも休みもなく

地獄にも行こう
天国にも行こう

この栄光の旅に
背を向ける事がなければ
死しても わが心は
安らかに眠るだろう

世の中はやがて良くなるだろう
でも男は笑われ 傷をおい
最後まで闘うのだ

とどかぬ星をつかもうと…


スポンサーサイト



プロフィール

Dr.Psycho

Author:Dr.Psycho
【心理カウンセラー「心のデトックス」】
もう開業して26年目になります
横浜と新潟にオフィスがあり
月のうち10日間ほど新潟に滞在

【武道家】
空手道ですが 示現流もやります

【モータースポーツ】
国内A級ライセンス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ